150-0036 東京都渋谷区南平台町15-1ライオンズマンション406

(渋谷駅から徒歩5分

お気軽にお問い合わせください。
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし  

東京Lawyers不動産

【日本国内からのお問い合わせ】

03-6261-5110

【日本国外からのお問い合わせ】

+81-3-6261-5110

不動産売却の流れ

東京Lawyers不動産

中国語・英語対応可能

東京都内の不動産仲介・中国人外国人の不動産投資なら

東京Lawyers不動産におまかせ下さい!

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

売却のご相談(弊社不動産へのお問い合わせ)

平日は時間がないという方も安心です。

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日も営業しております。

売却の希望条件、売却の動機等をお知らせください。

<売却希望条件例>

①引き渡し希望時期

②売却希望価格(査定価格を提示してご相談をお受けします) 

売却希望条件等はきっちりと決めなくて構いませんので、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせも大歓迎です。

<売却時の諸経費について>

不動産売却時にかかる諸費用があります。

①印紙代(売買契約書貼付分)

②仲介手数料

③司法書士への抵当権等抹消費用

④譲渡所得税

 

お電話でのお問合せはこちら

03-6261-5110

物件調査・価格査定

お客さまとの対話を重視しています。

物件調査(役所調査・現地調査・法務局調査)をしっかりして、売出価格を提示させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

不動産売却の媒介契約の締結・売却活動

当事務所はフォロー体制も充実しております。

価格査定後、不動産売却の意思が固まったら、売却の媒介契約を締結させていただきます。

媒介契約締結後、レインズ(不動産流通機構)への登録をしたり、ホームページに掲載したりするなど、売却のために営業活動をいたします。

※レインズとは、不動産業者専用の不動産の情報サイトです。

 

売却の契約・物件の引き渡し

売却物件に買い手がみつかれば、購入申込書を取得して、売買代金の支払方法や引渡時期・方法等の諸条件を決めます。売買契約の内容が固まったら、売買契約を締結します。

なお、抵当権等は抹消してから買主に引き渡す必要があるため、抵当権がある場合には抵当権抹消の準備もします。

また、現在居住中の物件を売却する場合は、引渡日までに引越しを完了する必要があります。

売買契約後、残代金の受け取りと同時に買主へ引き渡します。

<売却時に必要な一例>

・仲介手数料

・売買契約書の印紙代

・登記済証

・実印・印鑑証明証

・建築確認通知書・検査済証

・固定示税納付通知書

・(抵当権が残っている場合)抵当権抹消の司法書士費用

お問い合わせ

【お電話でのお問い合わせはこちらへ】

03-6261-5110
営業時間
9:00~21:00

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら
(受付時間:9:00~21:00)

     【東京渋谷国際法律事務所】
03-6261-5110
【湘南鎌倉行政書士事務所】
0467-38-8263
【名古屋栄行政書士事務所】
052-253-8826

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。