〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-10-15ライオンズマンション横浜西口704号室
JR「横浜駅」南西口徒歩5分、相鉄線「横浜駅」徒歩5分

お気軽にお問い合わせください。
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし  
045-534-3842

強制性交等罪

よくあるご質問

まずは強制性交等罪に関して、よく相談されることをご紹介します。

  • 強制性交等罪で逮捕されてしまったがどうしたら良いか。
  • 準強制性交等罪で逮捕されてしまったがどうしたら良いか。
  • 強制性交等罪で被害者と示談したいが可能か。

強制性交等罪では身柄拘束されますか?

身柄拘束される可能性が高いです。

強制性交等罪は被害者との示談が効果的な弁護活動ですがタイミングを間違ってしまうと示談の意味が無くなってしまいます。なるべく早い段階で専門の弁護士に相談されることをお勧めします。

強制性交等罪の場合、逮捕勾留される可能性が高い犯罪であるといえます。そのため、在宅事件として事件が進むことはあまりなく、逮捕勾留された上で事件が進むことが多いといえます。勾留期間の間に被害者と示談活動をする必要性があり、時間はとても少ないといえます。そのため、1日1日を無駄にせずに、できるだけ早く示談交渉に着手する必要があります。

一言に示談交渉といっても、その前に示談金等を準備しておく必要性もあり、ご家族との連携も重要です。そのため時間がそれなりにかかりますので、やはりできるだけ早く弁護士にご相談されることをお勧めします。被害者と示談が成立した場合には早期の釈放が見込まれますし、不起訴処分となり前科が付かない可能性が高まります。なお

強制性交等罪は罰金刑がないので、犯行を認めており、示談も成立しないとなると起訴されて正式裁判を受ける可能性が非常に高まります。あとは保釈がみとめられるまで身柄拘束が続くことになります。

否認していたらどうなりますか?

勾留されるリスクが高くなります。

制性交等罪で否認事件の場合でも、身柄拘束されるリスクは変わらないといえます。むしろ、勾留される可能性は高まります。そして、勾留期間中の取調べにどう臨むのかが非常に重要です。

身柄拘束中は非常に孤独です。ご自身のみでプロである刑事の取調べに臨むのは危険といえます。専門家である弁護士と充分に打合せの上、取調べに臨むことが非常に重要といえます。

なお、弁護士の接見については秘密交通権が保証されています。また接見禁止もなく、時間制限もありません。否認している事件こそ冤罪を生まないために一刻も早く専門の弁護士に相談するべきといえます。

お困りの際は専門家である弁護士へ

強制わいせつ罪は法改正により親告罪の規定がなくなりました。そのため被害者と示談が成立しても確実に不起訴になるとはいえなくなりました。

しかし、被害者の意思の尊重は変わらないことから示談活動が重要な弁護活動であることには変わりがないといえます。

刑法

(強制性交等罪)

第177条
暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

第178条

  1. 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。
  2. 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。

第179条

第176条から前条までの罪の未遂は、罰する。

第180条

  1. 第176条から第178条までの罪及びこれらの罪の未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
  2. 前項の規定は、2人以上の者が現場において共同して犯した第176条若しくは第178条第1項の罪又はこれらの罪の未遂罪については、適用しない。

お問い合わせ

【お電話でのお問い合わせはこちらへ】

045-534-3842
営業時間
9:00~21:00

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

045-534-3842

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

045-534-3842
住所

〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-10-15
ライオンズマンション横浜西口704号室
JR『横浜駅』南西口徒歩5分
相鉄線『横浜駅』徒歩5分
 

営業時間

9:00~21:00
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

完全予約制です。

定休日はありませんが、完全予約制です。まずは電話又はメールでお問い合わせ下さい。